京都 町家・町屋、京町家・京町屋、テナント・貸店舗、  町家リノベーション・町屋商業施設等、  賃貸・売買・管理・改装、 京町

京都 町家・町屋、京町家・京町屋、テナント・貸店舗、  町家リノベーション・町屋商業施設等、  賃貸・売買・管理・改装、 京町

物件の選び方・改装

■ 物件の選び方・改装

町家物件をお選びの際に、充分にチェックが必要です。下記項目をご参考にして頂ければと思います。

柱は大丈夫ですか?
大切な柱(大黒柱)強度が落ちている場合があります。 2階の使用が可能でも強度が弱く2階が 使えない場合もあります。店舗をする場合、床が抜けることも。しっかりとチェックしましょう。
屋根は大丈夫ですか?
町家は、古い建物が多いです。雨漏りをしている可能性もあります。壁に雨染みはありませんか?瓦がズレているだけかもしれませんが、屋根の葺き替えや瓦のやり直しで 予算がオーバーすることも。
近隣対策は大丈夫ですか?
京町家は、お隣がまだお住まいになられていることが多々ございます。飲食店を開業したら、 騒音でクレームが来ることも。他に、ダクトを出す位置によっては、煙や臭いの問題もあるかもしれませんので、 地域や近隣住民さんの理解を先に調べておきましょう。
原状回復は?
開業する時には、お店を辞める時のことはあまり考えないもので、どうしても楽観的に考えてしまいます。 飲食店や物販店に改装して、オーナー様にお返しする時は元通りに貸した状態に戻して欲しいということも ありますので、契約書の内容もしっかりと御確認を。
■ 町家の改装
代々受け継がれる町家(古屋)を事業用として使用する場合、一番重要なチェック項目として改装の規模の確認が必要です。
ご参考までに、以下のようなトラブル事例があります。
●設備の状態があまりにも古すぎて(配水管が土管等)改装費用がかかりすぎる。
●坪庭に使われていない古い井戸があるが、撤去するか迷っている。
●壁面の解体中に柱等の躯体部分の老朽化があり、 また契約時に必要な確認事項として、
・『引渡し状態』と『貸主の貸し担保責任の有無』が重要となります。
・内装が住居仕様の場合は原則現状有姿にて引渡しとなりますが、契約時に確認が必要です。

そこで、弊社が提携させて頂いている、町家・古屋の改装実績のある 『株式会社クラップ』をご紹介させて頂きます。
数多くの繁栄店の店舗から住居まで幅広く設計されており、竣工時に手を叩いて喜びを分かち合えるようにと『拍手』を意味する名前の通り、クライアントの理想を追求するスタイルに定評があります。
町家の再生やリノベーションも専門的に行い、住宅デザイン・新築・リノベーションまで幅広く対応されています。

お問い合わせ・ご相談はお気軽に!

  • Tel:0120-107-610
  • メールで問い合わせる